<< 近鉄百貨店あべのでの催し | main | LEDの青色光が 目や睡眠のリズムに悪影響? >>

PARIS DESIGN WEEK 2012 "Now! le Off" -2


気が付けば今日は10月10日。パリでの展示初日は9月10日。

あっという間に、あれから1ヶ月が過ぎてしまいました。

写真を改めて追加して掲載しますのでよろしければご覧ください。

★PARIS DESIGN WEEK 2012公式WEBサイトは → こちら

少し説明も加えています。

(前回と重複している写真もあります)
(前回より画像サイズが大きいです。クリックで大きい画像になります。)




パリといえば、やっぱりエッフェル塔。
この写真はやっと余裕のできた展示3日目の朝、セーヌ川の水上バスに乗ったときに。
お天気良くて雲もいい感じ。心地よかったです♪




展示会場はセーヌ川沿いですが、エッフェル塔とは離れていて
パリ市内の東端あたりにありました。
大きな倉庫をリノベーションして、ファッションとデザインの為の施設として
新しくオープンした様です。
黄緑色の外階段が目を引きます。












私の展示場所は西側でした。(↑ 案内に名前が書かれています)
パリの中ではかなり広い展示会場だと思います。
区切りの壁などはなく、オープンな展示でした。



この会場には約100件の出展があったようです。

小さなものから大きなものまでさまざまなモノが展示されていました。

まだ商品化されていない試作品から実際に販売されているものまで色々。

時間のある時に私も見て回りましたが、楽しく勉強になりました。






こちらが私のスペース。
素材も見て頂くように工夫しました。










1日目は後ろの「ついたて」が届かず。。。
でも2日目にやっと予定の展示が完成!
後ろの窓からの光を適度にさえぎり、適度に透過しています。
実際に展示してみないと光の様子がわからなかったのですが、
とても良い感じになりました。

1日目にお越しいただいた方にこれがご覧いただけなかったのは
本当に残念ですが、仕方ありませんね。。。





「暗めのオレンジ色の光が睡眠前やリラックスタイムには必要」
という私のあかり作りのコンセプトを英語で書いたボード。

みなさん、「とてもいいコンセプトだ」、とか同意される感じで、
国が変わっても光の人への影響は変わらないと実感しました。

そして、中央にある展示台は、このために吉野檜柾目材で組み立て式で
作ったものです。すっきりした感じになりました。







↑ こちらの四角いタイプが一番人気でした。
フレームは京都の指物師さんに制作していただいたものです。












↑ ↓ 13日木曜日にパーティーがあり、多くの人でにぎわっていました。

会場内に特設のドリンクバーやスイーツバーが出現し、ふるまわれていました。出来たてのマカロン、おいしかったです ♪








↓ 無事に日本に返ってきた荷物。でも箱がボロボロでした。。。






公式ガイドブックにも掲載されています。

とにかく、参加できたことに感謝です。
色々な人に支えて手伝っていただきました。
ありがとうございます。



at 23:45, Hisayo Sakamoto, Paris Design Week 2012

-, -, - -